トップ » サービスメニュー » 創業・新規事業

創業・新規事業 ビジネスプラン作成 支援

創業・新規事業に関する取り組み

「名選手、必ずしも名監督にあらず」

成績NO1のバリバリ営業マン、その道では右に出るものがいない専門家や技術者の方々。独立する上ですばらしい資質を備えています。
しかし、経営能力は全く別モノ。持っている資質をフルに生かし、事業を立ち上げ大きくするために、そして「経営能力を磨くため」に、しっかりとサポートします。

詳しい手順と内容

  1. 事業の明確化
    なぜその事業を行うのか?社会的意義、自分が行う意義は何か?など、事業を行う根本を明確化していきます。
  2. 経営環境の分析
    これから行うであろう事業の市場機会や脅威、強みや弱みを確認していきます。特に重要なのが強みの分析です。「戦う武器」をはっきりとさせます。
  3. 強みを活かした市場の選択
    強みを活用してどのような顧客をとらえられるのか。顧客のメリットやソリューションを考えて、ターゲット市場を決めていきます。
  4. ビジネスモデルの再構築
    ターゲット市場のニーズをとらえるだけではなく、自社が収益をしっかりと得られるような仕組みを構築しなければなりません。どこで付加価値を生み出しお金を稼ぐのかを考えていきます。
  5. 販売の具体的手段の検討
    新規創業の場合、最も難しいのが製品やサービスを顧客ターゲットに認知させることです。いくらいいモノをつくっても、知ってもらえなければ売ることができません。どのように顧客ターゲットにリーチしていくのか、そこに特にこだわって販売手段を構築していきます。
  6. 売上高・利益目標、必要資金の明確化
    新規事業でやはり難しいのがこの売上見込みを立てることです。まず必要利益から売上目標を立て、その売上をあげるために?の具体的手段が十分であるかどうかを確認します。もし目標達成が難しいなら、具体的手段を再度検討することとなります。これを何度も何度も繰り返すことで、より精度の高い事業計画ができあがります。また、その際の必要資金を明らかにしていきます。
  7. リスクの抽出
    事業にはリスクがつきものです。あらかじめリスクを検討し対策を練ることで事業を円滑に進めることができるのです。