トップ » ノウハウ紹介

ノウハウ紹介

地味で論理的な方法がイノベーションを生む

P.F.ドラッガーはイノベーション(革新)のことを「明確な目的意識、よく練られた方法論、精密な分析などによる凡人の地道な努力から生まれるもので、画期的であるよりは継続的であり、独創的であるよりは体系的な性質を持つものである。」「ひらめきや発想力から生まれてくるものではなく、普段の意識的な努力や学習の継続から生み出されるものである。すなわち、イノベーションは経営者の『仕事』である。」と言っています。感性やセンス、アイデアではなく、地味であっても論理的な方法こそがよりよい経営をつくるのです。

成功事例を「見える化」するツール

経営をしていく上で、最も参考になるのは「成功事例」です。しかしながら多くの経営者が「うまくいかなかった理由」「売上が未達の理由」などを分析しがちです。それはそれでとても大切なことですが、成功事例を分析してプロセスをつくりあげることの方がより優れた成果をもたらします。これを明確化するために使うのが「見える化ツール」。これによって貴社の成功プロセスが見えてくるはずです。